マイナンバーカードの健康保険証利用が本格運用開始しました

オンライン資格確認

10月20日からマイナンバーカードの健康保険証利用が本格運用開始されました。

当薬局では豊前店ではすでに運用開始しており、おかげさまで利用者も続々と増えてきております。

中津店では設置導入作業の途中であり、残念ながら、まだ運用開始はできていない状況です。

マイナンバーカードを健康保険証として利用できるようになりました
豊前店に、オンライン資格確認のための顔認証カードリーダーの設置が完了しました。 これにより、マイナンバーを健康保険証としてご利用いただくことが可能となりました。

カードの情報を読み取る専用の機械が導入されているのは10%に満たず、令和3年10月10日の時点で導入している医療機関の数は全体の7.9%にとどまっているようです。

マイナンバーカードを健康保険証として利用 本格運用 | NHKニュース
【NHK】マイナンバーカードの健康保険証としての利用が20日から全国の医療機関などで本格的に始まります。ただ、カードの情報を読み取…
「マイナンバーカードが健康保険証」は本日10月20日から、初回登録はスマホでも
 本日10月20日から、マイナンバーカードを健康保険証として利用できる制度が本格的に始まった。マイナンバーカードのポータルサイト「マイナポータル」で申し込めるようになっており、スマートフォンやパソコンでマイナンバーカードを健康保険証として登録できる。従来の健康保険証でも受診できる。
マイナンバーカードの健康保険証利用、本格運用開始
10月20日からマイナンバーカードの健康保険証利用が本格運用開始される。

マイナンバーカードが健康保険証になることで、対応する医療機関の受付では、顔認証か暗証番号(数字4桁)で、本人確認と保険証確認が済むようになる。支払い時には、限度額以上の一時支払いが不要になる。

 一方、医療機関にとっては、保険診療を受けられる患者かどうかすぐわかり、レセプトの返戻が減るほか、窓口での入力の手間が減る。またオンラインで支払基金や国保中央会と接続されることから、それらの機関からの情報を医療機関や薬局へ送れる。患者本人が同意すれば、薬剤の情報や特定健診・後期高齢者健診情報もすぐわかる。

 転職などで一時的に保険証が発行されていない状態でも、マイナンバーカードで代替できる。このほか、マイナポータルで、処方された薬の情報をチェックできるようになる。またマイナポータルとe-TAXの連携で、医療費の領収書を管理しなくてもよくなるという。

ケータイWatch
『「マイナンバーカードが健康保険証」は本日10月20日から、初回登録はスマホでも』より引用

患者さま、医療機関、審査機関等のすべてにメリットがあるので、かかりつけの医療機関がシステムを導入していた際は、是非マイナンバーカードでの保険証利用をしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました