12月21日の冬至に『かぼちゃ』と『ゆず湯』で無病息災を願いました

雑記

12月21日月曜日は冬至でしたね。

冬至と言えば、「1年で一番夜が長い日」「この日から徐々に昼が長くなる」「半年後には夏至がやってくる」という認識をされていると思います。

冬至の日には、かぼちゃなどを食べたり、柚子湯に入って無病息災を願う風習もあります。

かぼちゃの煮つけ

冬至にかぼちゃを食べる風習は、江戸時代中期頃に根付いたそうです。

脳卒中を防いだり、風邪をひかないようにする、その他にも金運を祈願する意味があるそうです。

「冬至かぼちゃは朝のうちに食べる」や、「午前10時に食べる」という地域もあるのですね。

ということで、21日冬至の朝のうちには食べられませんでしたが、夜にかぼちゃの煮つけをいただきました。

なぜ冬至にかぼちゃを食べるの?幸運を呼び込めるってホント?その奥深い理由を解説! | 和樂web 日本文化の入り口マガジン
「冬至(とうじ)」は、二十四節気(にじゅうしせっき)の一つで、1年で最も夜が長く、昼が短い日。2019年の冬至は、12月22日です。 冬至の日には、かぼちゃ、小豆粥、コンニャクなどを食べ、柚子湯に入って無病息災を願う風習があります。柚子湯は血行が良くなり身体が温まるため、風邪を防ぎ、皮膚を強くする効果があるそうです。 ...

ゆず湯

柚子(ゆず)=「融通がきく」、冬至=「湯治(とうじ)」

語呂合せから、冬至の日に柚子湯に入ると言われているそうです。

これはなかなかユニークな発想!

冬が旬の柚子は香りも強く、邪気を祓うという言い伝えがあり、柚子は実るまでに長い年月がかかるので、「長年の苦労が実りますように」との願いも込められているとのこと。

というわけで、浴槽にゆずを投入してお風呂に入りました。

血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防したり、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果があるそうですよ。

2020年の冬至はいつ?なぜゆず湯に入るの?由来や意味を調べてみた! | 和樂web 日本文化の入り口マガジン
冬至は「二十四節気(にじゅうしせっき)」の一つで、1年で最も昼が短く、夜が長い日です。2020年は12月21日(月)が冬至です。 冬至と言えば、かぼちゃを食べ、柚子湯に入る日として知られています。 かぼちゃを食べるのは、冬至を1年の締めくくりの日ととらえ、「いろはにほへと」の最後にあたる「ん」の付くものを食べるのが良い...

来年の冬至の際は是非どうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました